Return to site

高知の墓じまいとその後の供養

年々ニーズの高まっている墓じまいに手元供養がサポートします

田舎の高知だから増える墓じまい

高知県内で墓じまいがとても増えています。

「子や孫が高知を離れ、お墓を守る人がいない」、「少子化で複数のお墓の面倒を子どもたちに押し付けることができない」など、さまざまな要因があります。

私たちは「墓じまい」として物理的にお墓をなくすことはできませんが、残されたご遺骨についてのアドバイスを生業としております。

考えざる終えない、墓じまい後の遺骨のゆくえ

墓じまいでは、取り出したご遺骨の処分が必要です。

”自然に還る”海洋散骨が一番ですが、もう少し家族で供養をしたい場合は、手元供養もおすすめしております。

海洋散骨

手元供養は、「お墓に出向くことが難しい人のために、自宅で供養できるように分骨された個人のお墓」という利用の方法もあり、自宅で省スペースのお墓を作れることが魅力です。

手元供養

墓じまいの場合、すべてを手元供養にすることは現実的ではありませんが、手元で供養をしたい御遺族が一部遺骨を手元供養化し、それ以外は海洋散骨させていただくカタチをおすすめしております。

海洋散骨にも手元供養にも、粉骨(骨を粉状にする)が必要で、長年お墓に入っていた骨壷の中に水が入っていた場合、1ヶ月ほどお時間をいただくようになっております。

お時間に余裕を持って、墓じまいとその後のご供養を考えていかれてはいかがでしょうか。

ヘイワの墓じまい
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly